さゆり保育園のめざす
子どもたちの姿

保育方針豊かな心を育て五感を伸ばす保育

体も心も健康に“人”としてかたよりなく、すこやかに成長していけるよう、指導してまいります。

  • 乳児は一人ひとりのテンポに合わせ温かく育む保育援助を行う
  • 幼児は無限の可能性を信じ、本来持つ能力の芽を伸ばす教育と保育活動を行う
  • 園と利用者との連携を密にし、お互いの理解と協調を深める

保育目標子どもが主体的に生活できるように

  1. 健康で明るく心豊かな子
  2. 自分で考え表現できる子
  3. 意欲をもって取り組む子

1日の大半を毎日過ごす保育園。
登園するお子さんも預ける保護者の方も安心していただけるよう、職員はお子さんの健康面も心情面も大切にし、一人ひとりの“今”の気持ちや成長を大切にしています。

じっくり向き合い、子どもたちが自分で考え、どう表現していくか、保育者が待つ姿勢を大切にしながら 保育しています。
また、子どもたちが将来どんな大人になってもらいたいかということを考え、その年齢に応じた「自立」「社会性」「協調性」を身につけていけるようにしています。

そのためにはまず「自分の思っていることを言葉で伝え、相手のことをよく聞くこと」が大切です。言葉の大切さを理解しながらコミュニケーションを育んでいます。
そして自分を表現するには、いろいろな方法があることを知り、表現する楽しさを感じられるように、子どもたちの様々な表現を受けとめ、日々の活動にも、音楽や造形、運動遊びを行ったり、外部講師による英語教室やダンス教室(幼児組)を取り入れています。

課外教室:英語教室

英語教室


1年目のクラスでは、先生に“Hello!”と話しかけられると、子どもたちはどう反応して良いのか分からず戸惑った顔をしていましたが、今では “Hello!” と返すことができるようになりました。
子どもたちは日本語以外に言葉があることを知り英語に慣れようとしています。
2年目になると、先生の “Hello! How are you?” にも一人ひとりが元気に挨拶できるようになりました。
「sunny,やったー!散歩だ!」「今日の果物は water mellow!」など意味を理解し日常生活で使うようになり英語が身に付きつつあることを感じます。
発音もとてもキレイで新しい言葉に対しても積極的に取り組み、英語教室をいつも楽しみにしています。

課外教室:ダンス教室

ダンス教室


小学校からダンスの授業が始まることを受け、本年度より始まりました。専任の講師の先生が見えて、3~5歳児を対象に月2回30分ずつ行っています。
幼児期の早いうちから音楽に合わせて楽しみながら体を動かし「リズム感」「表現力」「集中力」「積極性」を養っていきます。
また、健康で健全な身体の基礎づくりをしていきます。
誰でも簡単に踊れるマットを使って楽しく体を動かしながら、ダンスの基礎を身に付けていきます。

地域交流地域交流

地域の子育て家庭との交流と支援をめざし、
施設開放、交流保育、イベントを実施しています。

地域交流

在宅支援(保育所体験)


地域の親子を対象に0歳児クラスに遊びに来ていただき、子どもたちの様子や園での取り組みを地域の方が参加できるイベントです。
離乳食や沐浴、手作りおもちゃの紹介など毎回テーマを決めて、そのテーマについてお話ししたり相談に乗ったりしています。

妊婦さんによる保育体験


第1子妊娠中の妊婦さんと第1子出産後4ヶ月までのママ、パパ、おじいちゃん、おばあちゃん等ご家族の方が対象です。0歳児クラスに遊びに来てもらい、初めて赤ちゃんを迎える方に子どもとの接し方を伝えたり、実際に関わってもらうことで悩みや不安を和らげるお手伝いをしています。